2019年06月15日

HITACHI MP-3560 ミニフロッピードライブ修理(2) 正しく読めない

 続いてドライブ 1 の device I/O error を調べます。

 ディスクダンプの結果から、サイド 0 は正常でサイド 1 の
アクセス時にエラーとなっていると思われますので、ヘッド・
制御回路周辺を調査します。

 ドライブ MDD211 基盤搭載面の全景。
 基盤のベゼル側の端部はフレームの切り欠きに保持され、
中央上下にネジ2箇所、もう一方の端部は金属製のスペーサーと
長ネジで浮かせて2箇所取り付けてあります。
 3560-b1.jpg

 基盤のネジを外して浮かし、コネクタを外していきます。
 誤接続しやすいヘッドコネクタの接続状態を記録しておきます。
 3560-b2.jpg

 基盤を外した後のドライブ。コネクタ類の配置を見ておきます。
 3560-b3.jpg

 外した基盤の部品面。薄型ドライブらしく専用LSIで構成され、
標準厚タイプに比して部品点数はかなり少なくなっています。
 3560-b4b.jpg

 状態を確認していくと、電解コンデンサ液漏れあり。
これが不調の原因の可能性があります。
 3560-b5.jpg

 このドライブは製造後30年以上経過していることから、
電解コンデンサ劣化は避けられませんので、全て新品交換します。
 基板上に電解コンデンサは計 6個あり、容量は左上の C3 が
33μF、他の 5個は 47μFで、耐圧は全て 16V でした。

 交換部品調達時の注意として、標準的なものより背の低い、
高さ 7mmタイプが必要です。これは基盤取り付け高さの制約で、
守らないと組み付けできなくなります。

 適合部品を探したところ、ルビコンの MH7シリーズがぴったり。
耐圧 25V のものを秋月電子で購入できました(10円/個)。
 3560-b6.jpg

 電解コンデンサの新品交換を完了した基盤。各部クリーニングと
パターン面全般のハンダ付状態の修正も行い、安定性を高めました。
 3560-b4.jpg

 基盤をドライブに取り付けます。コネクタを接続後、ベゼル側の
フレームに基盤のエッジをはめ、ネジ4箇所を止めます。
 スペーサの組み込みにはピンセットを使いました。
 3560-b7.jpg

 メンテナンスしたドライブをユニットに組み込んで試運転します。
 3560-b8.jpg

 軽快な動作音とともにリトライなく既存ディスク読込OK。
 フォーマット・コピー・ベリファイも規則正しい動作音で
正常動作するようになりましたので、サイド 1 リードエラーの
原因は電解コンデンサの劣化であったと思われます。
 3560-b9.jpg

 この後、同様の劣化が推測されるドライブ 0 側の電解
コンデンサも新品に交換しました。
 これでこの MP-3560 もしばらく安定稼動するかと思います。

 以上、本レポートが皆様のお役に立ちましたら幸いです。


posted by 旧コン at 00:30| Comment(0) | フロッピードライブ修理

2019年06月13日

HITACHI MP-3560 ミニフロッピードライブ修理(1) イジェクトできない

 3560-1.jpg

 しばらくレベル3で楽しんでいましたが、久しぶりに MB-S1/10 を
出して動かしたところ、外付のフロッピーディスクドライブユニット
MP-3560(5.25インチ 2D)の動作がおかしいことに気づきました。

 具体的には以下の2点。

(1)ドライブ 0 は正常に読み書きできるものの、取り出しボタンの
動作がスムーズでなく、何度か出し入れしているうちに、フロッピー
ディスクを取り出せなくなった。

(2)ドライブ 1 は読める時と読めない時がある。エラーとなる時は
何度かリトライ後 device I/O error が発生。
 DISK BASIC ユーティリティのディスクダンプを使用して調べたところ、
シリンダ値が大きくなると error になるので、サイド 1 が正しく
読めないよう ・・・症状が重そうです。

 まずは MP-3560 の整備資料をネット上で探しましたが、見つからず。
 なお L3用の MP-3550 のサービスマニュアルはありました。内部機構が
異なるため今回は利用できませんでしたが、あること自体が貴重ですね。
 mp3550m1.jpg

 気を取り直して MP-3560 のケースを外し、中を見てみます。
 分解後の再接続時に困らないよう、ドライブのコネクタ接続状態を
確認しマークしておきます。
 3560-2.jpg

 フロントパネルは下側を軸にしたはめ込み式です。この後、パネルに
はめ込まれているパワーインジケータ LED を外しますが、固めなので
細いマイナスドライバ等でツメを開きながら引き抜きます。
 3560-3.jpg

 ドライブ下側のマウントネジを外すにはキャップカバーを開けます。
 3560-4.jpg

 ドライブ上下のネジを外すと本体後部が分解しそうになる(はめ込みに
なっている)ので、気をつけながらドライブを手前に引き出します。

 取り出したドライブはベゼルを外し、2台並べてみます。
 ドライブの形式は Canon MDD211 です。
 ドライブモーター側:
 3560-5.jpg
 ヘッドロードメカ側:
 3560-6.jpg

 概要を掴んで、まずはドライブ 0 の取り出しボタン問題に取り組みます。
 両ドライブのディスクロード・イジェクトレバーの動作を比較検討したところ、
レバーをロックする部分の状態に差を発見。

 ドライブ 0 のレバー部
 3560-7.jpg

 ドライブ 1 のレバー部
 3560-8.jpg

 わかりますでしょうか。グレーのツメの根元から出ている細いバネの
端が、イジェクトロック板(銅色の L字型パーツ)に当たるかどうかで
イジェクト可/不可を切り替えています(繊細!)。

 両ドライブともヘッドアンロード状態ですが、ドライブ 1 は
このロック板が下がっているのに対し、ドライブ 0 は上がっていて、
異常と思われます。

 このロック板は、ディスクアクセス時にヘッドロードプレートが
押すことで動きますので、その駆動部を見てみます。

 ドライブ 0
 3560-9.jpg

 ドライブ 1
 3560-10.jpg

 わかりました。
 ドライブ 1 はソレノイドがヘッドロードプレートを押す部分に
ゴム部品がついていますが、ドライブ 0 ではゴム部がなくなっていて、
プレートが少しソレノイド側に傾いています。

 このためプレートが下がってイジェクトロック状態になっていると
思われますので、このゴム部品を取り付けます。

 用意したのはケースでおなじみ、タカチの貼りゴム足、高さ 1.8mm。
千石電商で購入です。
 3560-11.jpg

 プレートのソレノイドに押される部分が垂直となるよう、ゴム足を
取り付けます。
 3560-12.jpg

 これによりプレート全体が水平となり、ドライブ 0 のイジェクト
機能が回復しました!
 3560-13.jpg

 ドライブ 1 のこのゴム部分も同様に劣化していると思われますので、
こちらも交換しておきます。

 これでドライブ 0/1 のイジェクト機構のメンテナンスが完了しました。
続いて(2)ドライブ 1 の I/O エラー調査に取り組みます・・・

posted by 旧コン at 00:30| Comment(0) | フロッピードライブ修理