2019年04月20日

レベル3キーボード修理(1):一部のキーが入力できない

 酷使した上、長期放置してあった MB-6891 レベル3マークII。
 久しぶりに動作させてみたところキーボードの調子が悪く、
一部のキーが正常に入力できない状況でした。
 この原因調査と対応を検討します。

 まず動作状態で不調なキーを特定し、該当のキートップを
外して行きます。
 キートップは真上に引き抜きますが、キーの隙間が狭い上、
固く差し込まれているので、普通の工具では外しにくいです。
 ここではケーブルを束ねるのに使うビニールカバーワイヤを
キーの下に通し、上に引っ張って外す方法を採りました。
s6891kba1.jpg

 不調のキートップを全て外したら、ボディ後半の上カバーを外します。
s6891kba2.jpg

 ボディ前半部の上端左右のネジと鉄フレームを外します。
s6891kba3.jpg

 電源スイッチケーブル2本、コントロールスイッチケーブル1本の
コネクタを外した後、ボディ前半部を前側に 90度ほど開いて保持します。
s6891kba4.jpg

 キーボードケーブルコネクタ3個を外してボディ前半部を分離し、裏返し。
 ネジ4箇所を外し、シールドカバーとキーボードユニットを外します。
右上に電源ユニットケースとの接触部があります。
 s6891kba5.jpg

 取り外したキーボードユニット。
 s6891kba6.jpg

 キーボードユニット裏側の基板面で、不調なキースイッチの端子位置を
確認し、半田コテと吸い取り線等を使って半田付けを外します。
s6891kba7.jpg

 キーボードユニット表側からラジオペンチを用い、取り外すキースイッチ
左右の白いツメを内側に軽く押しながら持ち上げ、ユニットから引き抜きます。
s6891kba8.jpg

 問題なければキースイッチはスムーズに外れるので、抵抗がある場合は
基板の半田付けがきれいに除去できているか確認します。
 s6891kba9.jpg

 こうして不調キースイッチを取り外せたら、スイッチの状態確認に
進みます。

posted by 旧コン at 21:30| Comment(0) | キーボード修理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: