2020年04月28日

日立 MP-3560 修理(3-1)

前回修理したミニフロッピーディスクドライブ MP-3560(2)は
その後も順調に動作していますので、さらにジャンク状態で保管して
あった、MP-3560(3台目)も修理してみたいと思います。

DSC_4633s.jpg

これまで学んだ MP-3560 の修理ポイントは下記2点でした。

(1)フロッピーディスクがイジェクトできなくなる
 原因:ヘッドロードソレノイド部のゴムブッシュが劣化/欠落し、
    アンロード時にヘッドが上がり切らない

(2)読み書き時に Device I/O Error となる
 原因:ドライブ内制御基盤上の電解コンデンサ劣化

これらは MP-3560 に使われているドライブ Canon MDD211 に
共通する経年劣化のため、同様に修理します。

ドライブ取り外しのため分解していきます。
DSC_4634s.jpg
トップカバーを取り外した状態・左側

DSC_4636s.jpg
トップカバーを取り外した状態・右側

DSC_4637s.jpg
フロントパネルを外すといつも通りドライブベゼルは割れました・・・

DSC_4639s.jpg
ドライブの下止めネジ取り外し

このあとドライブのコネクタ2つと上ネジを外して
フレームから前にドライブを引き抜きます。

DSC_4642s.jpg
ドライブを取り外したフレーム

これより取り外したドライブの修理に入ります。

----- フロッピードライブ修理(3-2) に続く -----

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。